あんぽんたんの日記

四半世紀生きました

こどおじ糖質制限記

10日ほど糖質から離れてみました

うどんと牛丼をひたすら食べているのも飽きたので、前々から気になっていた糖質制限を敢行してみました。

低糖質に体が慣れるまでだるさを感じたりするらしいのですが、仕事をしていないので存分にだるさを感じることにしました。

動機について

日本人は古来から稲作が盛んであり米を主食として生きてきたので、毎日ご飯をしっかり食べましょうという説に疑問を覚えたのが始まりです。

https://media.delishkitchen.tv/article/515/q5dr407c5n.jpeg?version=1614567483

そんなに白米を食べる必要があるのか

約15万年前に東アフリカで生息されていたとされる人間は現代人とほとんど見分けがつかないくらい遺伝子構造が酷似していたとされています。

約250年前にアフリカでホモ(ヒト)属が進化して、その235万年後に現代人とほぼ同じ遺伝子構造の個体へと変化しているので、約1万年前から発足した農業革命後の精製された炭水化物を主食とした食生活をするように適応してはいないと思われます。

しかし炭水化物を全く摂っていなかったかというとそうでもなく、当時は炭水化物を含む植物を食べる時は、長い時間口の中で噛み続けて消化していたと考えられています。

現代のように加工、調理されたものを、手軽に大量に短時間で摂取していない点が大きく異なっています。

農業革命

ここでいう農業革命とは、狩猟採集民として生活してきた人間が一部の穀物(稲、小麦、トウモロコシ、キビ、ジャガイモ等)などを栽培して生活する農耕民へと変化したことを指しています。

一般的には人類の進化と捉えられていますが、入手できる食料が増えた結果、人口が急激に増え貧富の差が生まれ飢餓が深刻化した原因とも見られています。

 

遺骨の栄養状態を調べると、一部の穀物を主食とした食生活は、ビタミンやミネラルに乏しく、個々人の栄養状態は雑食であった狩猟採集時代よりも悪化しているのですが、人口の増加という一点に限ってみれば農業革命はかなりの成功を収めています。

糖尿病

現代は飢餓よりも肥満で死亡する人間のほうが多い飽食の時代です。

 

https://www.dm-net.co.jp/calendar/2017ima/20170214-1.jpg

 

画像は透析患者数の推移になります。2015年の患者の中では約44%が糖尿病腎臓症と考えられています。ちなみに透析とは腎臓の機能を人工的に補填する治療です。

足を切断した人の割合は0.1%未満みたいで少し安心しました。

 

それにしてもすごい勢いで増え続けていますね。

今回のルール

  • 麺、米、パン、砂糖の入った食べ物や飲み物(果糖100%のジュースもダメ)は控える
  • 一日の糖質摂取量を50g前後に抑える
  • 調味料程度はOK(でないと完全に自炊しないといけない)

塩分や脂質等は全く気にかけませんでした。

食べていたもの

大体一日一食+間食みたいな食生活なのですが、主に肉、魚、野菜、果物を食べていて、間食にはナッツやチーズを食べていました。

飲み物は水、コーヒー(無糖)、お茶を飲んでいました。

 

f:id:akitaa:20210913013550j:plain

 

良かった点

数値化できるようなテストも実験もしてないので単なる感想になります。

 

食後の睡魔が少し軽減される

昔から食後は眠くて眠くて仕方なかったのですが、この食生活にしたら若干改善されました。

おそらく血糖値の上下が緩やかになったのが一因だと思います。

 

頭がスッキリする

これも血糖値の乱高下が無くなったことによるものだと思います。

砂糖は脳へ働きを活性化させる作用があると長いこと考えていたのですが、そんなこともないと最近思い始めています。

一時的に集中力は増しますが、その後徐々にボンヤリしてくるので、僕の場合だとそこまで生産性が上がるようなものではないです。

 

普段食べてる物への関心が高まる

スーパーに行って結構な量の糖質を含む製品が陳列されていることに気が付きました。

お菓子コーナーはほぼ全滅、惣菜も半分くらいはアウト。

なので肉と野菜と魚の安価な惣菜をうろうろ探していました。

 

悪かった点

単価が高くなる

野菜より菓子パンのほうが安いんですよね。

そもそもが手頃なエネルギー源として普及しただけあって小麦製品は非常にお手頃です。

ですが安くて不健康な食生活を続けて病気になり、後に高額な医療費を払うよりは、日々の健康に投資するほうが結局安上がりなのではないかと思います。

 

最初はきつい

最初の3日くらいは体がだるく感じたり、パンやご飯が食べたくなったのですが、コーヒーでごまかしていたらそのうちどうでもよくなりました。

 

外食はほぼ不可能

これまで利用していた安価な外食店などは軒並み足を遠ざけることになりました。

カレーライス、牛丼、うどん、そば、ファストフード、パスタ、ラーメン、寿司、ドーナツ...

 

全てアウトです。

 

居酒屋にしても日本酒やビールは米や麦を発酵させたものなのでこれもアウト。

セーフなのは白米抜きの焼肉くらいでしょうか。

 

世の中糖質(糖類を含む)だらけじゃん。

振り返って

10日ほどの短期間ですが色んなことに気が付くキッカケにはなりました。

大盛りのごはんが夢に出てこなくなるまでは低糖質生活を続けていこうと思っています。

 

今回参考にした文献です。